総合相談支援

高齢者やその家族等からのさまざまな相談に応じ、必要な情報提供やサービス調整を行います。
高齢者の虐待防止と権利擁護

介護予防ケアマネジメント

要介護認定で要支援1・2となった方の介護予防サービス計画の作成、サービス調整を行います。
要介護となるおそれのある方(二次予防事業対象者※)の介護予防ケアプランを作成し、通所による教室参加や訪問による相談支援の調整を行います。※二次予防事業対象者の判定は「生活機能チェックリストにより行います。

包括的・継続的マネジメント

関係機関相互のネットワーク構築により、地域の高齢者の支援体制を整備します。
介護支援専門員への支援や多様な社会資源の活用により、地域における連続的で一貫したケアの実施に努めます。

相談に応じる職員

主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師などの資格を持つ専門職員