トップ  >  地域包括支援センターとは

 地域包括支援センターは、介護保険法の改正に伴って、平成18年4月に創設された市町村設置機関であり、高齢者の誰もが、住み慣れた地域でその人らしい尊厳ある生活を継続できるよう支援することを目的としています。

 改正介護保険法は、地域密着型サービスや地域支援事業の創設など「地域」を重視する内容となっており、また、地域包括支援センターには、「包括」という言葉があるように、さまざまな生活課題に対して継続的かつ包括的な支援をするよう求めています。

 地域包括支援センターでは、地域でのケアを充実させるために、介護保険サービスだけでなく、地域の保健・福祉・医療サービスやボランティア活動、近隣での支え合いなど、多様な社会資源を有機的に結びつけていくことを目指しています。また、相談からサービスの調整に至るまで、「ワンストップサービス」に努めています。

 主任ケアマネジャー、保健師、社会福祉士といった複数の専門スタッフが配置されています。専門スタッフが協働し、あるいは一体となって、高齢者の皆さまが、いつまでも住み慣れた地域で生活するための「安心」を支援いたします。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
TOP
次
業務内容(包括的支援事業)